raphnet.net banner

トリプル・ビデオ・バッファー

twitter@raphnetlabs
目次: 概要 | 回路図 | 例第一:APF TV Funのコンポジット化 | 例第二:NES2のコンポジット化 | 免責

概要

最近、2つのプロジェクトでビデオ・バッファーが必要だったので、バッファーの基板があればいいなと思った。

その為、Texas InstrumentsのTHS7314を用いたシンプルな基板をデザインした。THS7314は、トリプル・ビデオ・バッファであり、 様々映像信号タイプを送信ができる。コンポジット映像信号はもちろん、そしてS端子(Y/C)、コンポーネント映像信号、 RGBでも使える。

このデサインは、ACカップリング・キャパシタが搭載され、半田つけパッドでDCかACか選べる。

この基板の可能な利用:


goto top


回路図


goto top


例第一:APF TV Funのコンポジット化

「APF TV Fun」と言うゲーム機はRF出力だけであった。この基板で、コンポジット出力を追加した。 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。



goto top


例第二:NES2のコンポジット化

日本のAV使用ファミコンに似た北米のNES2はRF出力のみとされた。つまり、AV出力がなかった。しかも、基板模様より、映像があまりきりえではなかった。(薄い縦格子がでる)
NES2機にコンポジット出力を追加してみた。PPUピンからでる映像信号をすぐに使って、きれいな映像ができた。劣化が起こらないように、 PPUピンを基板と離した。さらに、シールド線を使った。



左:改造前の映像(RF出力で)。右:改造後の映像(コンポジット出力で)。ずい分よくなったと思う。
前:RF出力

前:RF出力

後:コンポジット出力

後:コンポジット出力



免責

私の知る限りにこのページーの内容は間違えが無いと思います。 しかし、こちらは何も保証致しません。このページを使って、 どんな事になっても、責任を負いかねます。

goto top


このページのすべての商標と著作権はそれぞれの所有者が有します。
残りものは、Copyright © 2002-2019 Raphaël Assenat です。
このソフトで作った:このソフトで作った: vim最終更新: 2014年11月17日(月)