raphnet.net banner

海外版セガ・マスターシステムゲーム→メガドライブ変換アダプターのボックス

twitter@raphnetlabs
Buy Me a Coffee at ko-fi.com
目次: 概論 | 問題と目的 | 設計 | 結果 | 3Dファイル

概論

海外版セガ・マスターシステムゲーム(SMS)→メガドライブ変換アダプターを設計した。組み立てた基板、確かにそのまま使えるが、ボックス がないと、ロームカセットを逆に入れる可能性があるし、ゲーム機やカッセットが損害するかもしれない。だから、ボックスがあった方がいい。 このページには、そのアダプターの為にデザインをしたボックスの事を乗せている。

基板の技術的な情報、回路図などこちらのページへ


goto top


問題と目的

こう言うアダプターを作るのは、私が初めてではない。ただメガドライブ・ロムカセットを切って作った人は沢山いる。でも、 私にはその仕方で満足できない。いろいろな理由があるが、特にその2つ:

理由第1:高さなど

メガドライブ・ロームカセットの上にマスターシステムのカートを乗せると、随分高くなる。 しかも、マスターシステム・カートリッジを逆に入れても防ぐ物がない。そして、 私には、壊れやすそうに見える。
随分高い!

随分高い!


理由第2:トランジションがない

角が曲がったメガドライブ・カートリッジとマスターシステムの鋭角的な形への変化は急すぎる。 きれいではないと思う。
トランジションなし

トランジションなし




goto top


設計

基板を設計する時に、アダプターを使うとSMSロムカセットが余計な高さにならないように気をつけた。多分もっと低い基板ができたが、 これで満足。そして、メガドライブ・カートとアダプター基板の3Dモデルを作った。一緒にすると、どのくらい開いているスペースがあるか分かった。 次に、要らない上部を切り捨てた。

モデルの確認

モデルの確認

メガドライブ・カートとその基板

メガドライブ・カートとその基板

切られたカートリッジ

切られたカートリッジ



もちろんカートリッジを切るだけでいけなかった。もっときれいな結果を得たかった。 メガドライーブとマスターシステム・カートリッジの間にどうしても何か必要である事を感じた。箱かバンドか、何でもいい。ようやく、この様になった:



基板は、上から入り、2個のネジで付ける。

前

後ろ

後ろ



goto top


結果

Shapewaysでこのボックスの3D印刷を注文した。届いた商品はこちら:



それで、基板と組み合わせると:



最終的にメガドライブ機と使っている:



goto top


3Dファイル

Version v1.1
2014年08月20日(水)
最初のリリース。(.STL 3D ファイル)
ファイル:
sms2smd_casing_r1.zip (1.8 MB)

goto top


このページのすべての商標と著作権はそれぞれの所有者が有します。
残りものは、Copyright © 2002-2021 Raphaël Assenat です。
このソフトで作った:このソフトで作った: vim最終更新: 2020年01月7日(火)